WordPressのプラグインの使い方を初心者向けに紹介する記事です。 今回は、WordPressでスマートフォンサイトに対応させるプラグイン、WPtouch(WPタッチ)の使い方を紹介します。   なお本記事は、TechAcademyのWordPressオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。   大石ゆかり 田島メンター!!WordPressってスマホに対応していないテーマってありますよね? 田島悠介 うん、あるね。 大石ゆかり そういうテーマをスマホ対応にするのって、やっぱりコードを触らないといけないんですか? 田島悠介 ううん、そんなことはないよ。「WPtouch」っていうテーマがあってね・・・。   WPtouchとは スマートフォンサイトに対応させることができるプラグインです。 スマートフォンの普及が進んでいる昨今では、スマートフォンサイト対応は必須になってきています。WordPressのテーマによっては、スマートフォンに対応しているテーマがありますが、対応していないものも多くあります。 そんなときに、初心者でも簡単にWordPressをスマートフォン対応にできるプラグインが、WPtouchです。   なお、スマートフォンの表示をPCで確認したい場合は、Responsive Design Testingというサイトを利用するのが便利です。URLを入力するだけで、様々なディスプレイ幅での表示を見せてくれます。   例えば、スマートフォン対応できていないサイトは、このような表示になります。   プラグインをインストールする このプラグインは、管理画面から「プラグインを検索」してインストールもできますし、プラグイン公式サイトからダウンロードすることも可能です。 インストールがわからない場合はWordPressのプラグインをインストールする方法をご覧ください。   有効化すると、ダッシュボードに「WP touch」というリンクが増えているのが確認できます。   プラグインを有効化するだけでも基本的な設定はできていますが、更にカスタマイズすることもできます。   ダッシュボード>WPtouch>Theme Settingsをクリックしてください。   Generalのタブでは、表示件数などを設定できます。   Brandingタブでは、カラーなどを設定できます。   ある程度設定できたら、ページ下部の「Preview Theme」をクリックすると表示を簡単に見ることができます。 設定が完了したら、Saveをクリックして保存するだけです。 今回の記事は以上です。   WordPressの他のプラグインを使ってみたい場合は、All in One SEO Packの使い方も合わせてご覧ください。   大石ゆかり わぁ〜、コードを触らなくてもここまでカスタマイズしてスマホ対応にできるんですね〜♪ 田島悠介 うん。どうしてもスマホに対応してないけどこのテーマを使いたいってときにはおすすめだね。 大石ゆかり そうですね!!ありがとうございます!!!   [お知らせ]TechAcademyでは、WordPressを使ってカスタマイズしたオリジナルサイトを構築できるWordPressオンラインブートキャンプを開催しています。期間中の8週間は現役エンジニアのメンターが毎日学習をサポートするので、独学よりも効率的に学ぶことができます。
最近はフリーランスとして働く人が増えてきています。 とはいえ、フリーで働くためには自分の実績を示すようなポートフォリオが必要になってきますよね。 今回はそんなポートフォリオサイトを作成するのに便利なテーマを紹介していきます。   なお本記事は、TechAcademyのWordPressオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。 また、テーマのインストール方法がわからない方は、WordPressのテーマインストール方法を解説した記事をご覧ください。   1. Portfolio ダウンロード/ DEMO 自分の撮った写真や執筆した記事など、一つのポートフォリオとして作成するには十分すぎるテーマです。 PCで見ても、スマホで見てもおしゃれに見えるのが特徴的ですね。   2. Electric ダウンロード / DEMO 載せたい作品がたくさんある人にはおすすめのポートフォリオテーマでしょう。 色々なカテゴリに分けてソートすることができ、読み込みも必要ないので、多くの作品を見せることが可能です。   [PR] WordPressで挫折しない学習方法を動画で公開中3. ePix ダウンロード / DEMO このテーマの凄いところは、レイアウトの種類が多く用意されているところです。 自分の載せたい情報に合わせて、スライドショーにしたり、画像をグリッドで表示したりとあらゆるレイアウトに対応できるのです。 このポートフォリオに慣れてしまえば今後ずっと使えるでしょう。   4. RokoPhoto ダウンロード / DEMO 自分で撮った写真をスクリーンいっぱいにスライドショーで映すことができます。 広角レンズを使った写真などもとてもキレイに見えるでしょう。写真家のポートフォリオとして良い見栄えにできそうですね。   5. Alona ダウンロード / DEMO 左側のサイドバーに自分に関する情報を載せられるので、いちいちスクロールせずに見ることができます。 PCで見せたい人などは、長い時間見てもらえそうなテーマとなっています。   6. Ananke ダウンロード / DEMO ページを読み込むと最初に自分のSNSを表示できるので、自分のSNSに飛んできてほしい人には相性が良いテーマとなりそうです。 GithubアカウントのContributionsなどが充実している人は、良いアピールにできそう。ぜひ個人のブランディングとして役立ててみてください。   7. onetone ダウンロード / DEMO 背景に動画を差し込めるようになっているので、自分で撮った動画などを入れると一気にカッコよく見えます! ダンサーなど自分のパフォーマンスをスクリーンいっぱいに見せている人もいるので、印象には残るでしょう。   8. Onesie ダウンロード / DEMO 非常にシンプルな作りですが、視差効果があることでおしゃれに見えるでしょう。 特に難しい設定とかもないので、初心者でも手軽に作成できるのが特徴です。   9. Espied ダウンロード / DEMO フラットデザインな素材が敷き詰められています。アイコンやロゴの作成実績をポートフォリオとして見せるのに向いています。 加えて、自分で作っているスマホのUIデザインなどを紹介するには良さそうです。   10. Oshine ダウンロード / DEMO このテーマは非常に幅広く利用できるテーマです。 実際には、ブログを載せたり、ネットショップとしても利用できるので単純にポートフォリオだけでなく、自分の作品を販売することも可能です。 機能が豊富なので、使い慣れるまで大変かもしれませんが、これ一つで満足できるのは間違いないでしょう。     ポートフォリオサイトの良いところは、自分が応募した時に活躍するのはもちろん、サイトとして存在していれば「この人に仕事をお願いしたい!」と思う人が増えるところです。 ぜひ、自分だけのポートフォリオサイトを作って、注目を浴びましょう! もっといろんなテーマを見てみたいという方は、無料で使えるWordPressのテーマ30選も合わせてご覧ください。 ぜひ、WordPressの使い方を覚えましょう! [お知らせ]TechAcademyでは、WordPressを使ってカスタマイズしたオリジナルサイトを構築できるWordPressオンラインブートキャンプを開催しています。期間中の8週間は現役エンジニアのメンターが毎日学習をサポートするので、独学よりも効率的に学ぶことができます。ぜひオシャレなポートフォリオサイトを作成しましょう!
2chまとめ 2chまとめツール admall SEO対策ツール SEO対策マニュアル SEO対策教材 Twitterアフィリエイト Twitterツール YouTubeアフィリエイト まとめアフィリエイト アクセス解析ツール アドモール アフィリエイトツール アフィリエイト情報商材 アフィリエイト情報商材 ルレアプラス アフィリエイト教材 アフィリエイト教材 ルレアプラス アンテナサイト アンテナサイトアフィリエイト キーワードツール キーワード選定ツール コピペチェックツール コピーチェックツール コピーライティング コピーライティング教材 ツイッターアフィリエイト ツイッターツール テンプレート トレンドアフィリエイト バナナデスク メルマガアフィリエイト ユーチュブアフィリエイト ユーチューブアフィリエイト リライトツール ワードプレステンプレート 便利ツール 出会いアフィリエイト 出会い系アフィリエイト 情報商材アフィリエイト 文章自動作成ツール 文章自動制作ツール 斉藤やす 株式会社バンザイ 株式会社天空 物販アフィリエイト
WordPressのプラグインの使い方を初心者向けに紹介する記事です。 今回は、WordPressでスマートフォンサイトに対応させるプラグイン、WPtouch(WPタッチ)の使い方を紹介します。   なお本記事は、TechAcademyのWordPressオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。   大石ゆかり 田島メンター!!WordPressってスマホに対応していないテーマってありますよね? 田島悠介 うん、あるね。 大石ゆかり そういうテーマをスマホ対応にするのって、やっぱりコードを触らないといけないんですか? 田島悠介 ううん、そんなことはないよ。「WPtouch」っていうテーマがあってね・・・。   WPtouchとは スマートフォンサイトに対応させることができるプラグインです。 スマートフォンの普及が進んでいる昨今では、スマートフォンサイト対応は必須になってきています。WordPressのテーマによっては、スマートフォンに対応しているテーマがありますが、対応していないものも多くあります。 そんなときに、初心者でも簡単にWordPressをスマートフォン対応にできるプラグインが、WPtouchです。   なお、スマートフォンの表示をPCで確認したい場合は、Responsive Design Testingというサイトを利用するのが便利です。URLを入力するだけで、様々なディスプレイ幅での表示を見せてくれます。   例えば、スマートフォン対応できていないサイトは、このような表示になります。   プラグインをインストールする このプラグインは、管理画面から「プラグインを検索」してインストールもできますし、プラグイン公式サイトからダウンロードすることも可能です。 インストールがわからない場合はWordPressのプラグインをインストールする方法をご覧ください。   有効化すると、ダッシュボードに「WP touch」というリンクが増えているのが確認できます。   プラグインを有効化するだけでも基本的な設定はできていますが、更にカスタマイズすることもできます。   ダッシュボード>WPtouch>Theme Settingsをクリックしてください。   Generalのタブでは、表示件数などを設定できます。   Brandingタブでは、カラーなどを設定できます。   ある程度設定できたら、ページ下部の「Preview Theme」をクリックすると表示を簡単に見ることができます。 設定が完了したら、Saveをクリックして保存するだけです。 今回の記事は以上です。   WordPressの他のプラグインを使ってみたい場合は、All in One SEO Packの使い方も合わせてご覧ください。   大石ゆかり わぁ〜、コードを触らなくてもここまでカスタマイズしてスマホ対応にできるんですね〜♪ 田島悠介 うん。どうしてもスマホに対応してないけどこのテーマを使いたいってときにはおすすめだね。 大石ゆかり そうですね!!ありがとうございます!!!   [お知らせ]TechAcademyでは、WordPressを使ってカスタマイズしたオリジナルサイトを構築できるWordPressオンラインブートキャンプを開催しています。期間中の8週間は現役エンジニアのメンターが毎日学習をサポートするので、独学よりも効率的に学ぶことができます。
ClickBank aims to serve as a connection between digital content creators (also known as vendors) and affiliate marketers, who then promote them to consumers. ClickBank's technology aids in payments, tax calculations and a variety of customer service tasks. Through its affiliate network, ClickBank also assists in building visibility and revenue-generating opportunities for time-strapped entrepreneurs.[2]

WordPressのプラグインにはコードなどを編集せずに直感的操作でフォントデザインを変えることのできるものが存在します。 公式や個人で配布されている各種テーマをインストール・有効化した後で、フォントの大きさや種類などを更に細かく設定したい時などにも役立ちます。 ここでは、「テーマの編集」メニューなどを使わずにWordPressのフォントやサイトデザインを調整することのできるプラグインを紹介していきます。   なお本記事は、TechAcademyのWordPressオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。   Font WordPressの管理画面ではなく、サイトを表示させたままの状態で上の管理バーからフォントの変更をすることができるプラグインです。 手描き風の文字など独特なデザインのフォントを使用することができます。 デフォルトで使用できるフォントは英語対応のものばかりですが、TTFやOTF形式のファイルを自分でアップロードして利用することもできるので日本語サイトでも活用することができます。 Font   Visual Theme Customizer Font同様、サイトを表示させながらフォントの調整ができるプラグインです。 フォントの種類・太さ・色・イタリック表記や打ち消し線などの一通りの設定もここで変えることが可能です。 Undo・Redoなどの編集時に便利な機能もショートカットやメニューアイコンで操作できるのでじっくりデザインにこだわりたい人にもおすすめです。 スマホやタブレットでサイトを表示させた場合のプレビューが見れるのも特徴です。 アニメーションなどの追加機能がついた有料版もあります。 Visual Theme Customizer   [PR] WordPressで挫折しない学習方法を動画で公開中Easy Google Fonts このプラグインをインストールすると、WordPressの管理バー「カスタマイズ」からフォントの編集ができるようになります。 見出し1~6それぞれを別々のフォント設定にすることも可能なので、各テーマデフォルトの見出し表示を好きなものに変えたいときにも便利です。 フォントの大きさや種類の他にline-heightなども操作することができるのでサイトデザインの調整に役立ちます。 Easy Google Fonts   以上、フォントをカスタマイズできるプラグインを紹介しました。 フォントの種類を知っている人はなかなかいないですし、一つずつ確認しながら好きなフォントに変更したいところ。サイトなどで調べながら行うとどうしても時間がかかってしまうので、プラグインを活用しましょう。 ぜひ、WordPressの使い方を覚えましょう! [お知らせ]TechAcademyでは、WordPressを使ってカスタマイズしたオリジナルサイトを構築できるWordPressオンラインブートキャンプを開催しています。期間中の8週間は現役エンジニアのメンターが毎日学習をサポートするので、独学よりも効率的に学ぶことができます。
×