WordPressのテーマの中には、公式サイトや個人サイトでフリーでダウンロードできるもの以外に、企業や個人が有償で提供しているものもあります。 フリーテーマとの違いは、プラグインが必要な機能が最初からついていたり、操作が簡単であるなどの便利さの他に、配布元のサポートが付いていることなどがあります。 無償版があるものは先にそちらを試してから導入するのも有効でしょう。 ここでは有料のWordPressテーマから国産のものを4つ、海外のものを6つ紹介していきます。 ・全てレスポンシブ対応のテーマとなります。 ・複数サイト運用で料金が異なる場合は、1ライセンス分の料金を表示しています。   日本製 アルバトロス 料金:¥7,980 ニュースサイト・Webマガジン・個人サイト向けの国産WordPressテーマです。 公式サイトで具体的な使い方が紹介されているため、分からないことがあったときはいつでも参照することができます。 SNSボタンも最初から設置されており、固定ページを1カラムに設定するなどの細かいカスタマイズも可能です。 アルバトロス LIGHT 料金:¥3,600/無料試用版あり LIQUID DESIGN社による国産WordPressテーマです。 カスタマイザーによりHTMLやCSSの知識がなくても簡単にサイトのデザインをカスタマイズできるようになっています。 SNSでの共有ボタンやRSSボタンなど、本来プラグインなどで導入する必要のある機能も最初から使用することができるため、WordPress初心者の方でも安心して利用することができます。 LIGHT   [PR] WordPressで挫折しない学習方法を動画で公開中Black Studio 料金:¥9,999 企業・コーポレートサイトにそのまま使えるデザインの日本製WordPressテーマです。 主にウィジェットエリアを利用してサイトをカスタマイズするため、手軽にデザインの変更を行うことが出来ます。 ブログ部分は2カラム、個別ページは1カラムにするなどの詳細な設定も可能になっています。 Black Studio   mono-ha 料金:¥7,800 ファーストビュー(サイトが表示されて最初に見える部分)の印象に重点をおいたテーマです。 アニメーションやスタイリッシュな演出を複数のテンプレートの中から選んで簡単にサイトに搭載することが可能です。 様々な役割を持ったカスタムウィジェットが多数存在するため、機能やデザインによりこだわることができます。 mono-ha   海外製 ONEPRESS PLUS 料金:$59/無料試用版あり 多機能かつ軽快な動作な1カラムデザインのテーマです。 企業サイト・ショッピングサイトやポートフォリオまで幅広く使えます。カスタマイズ機能が一部制限された無償版も存在します。 ONEPRESS PLUS   Ultimate Pro 料金:$55/無料試用版あり wordpress.orgでダウンロードできるフリーテーマUltimateの有償版です。 豊富なテンプレートやカラーピッカーによる簡単なテーマのカスタマイズ、各ページごとのカラム設定など特に細かい部分まで自由に編集したい場合に便利な構成になっています。 Ultimate Pro   Football Club 料金:$59 スポーツチームの公式サイトなどにそのまま利用できるテーマです。 選手の情報や試合の日程、戦績などを見せることができます。 Football Club   Lightbold 料金:$39 ポートフォリオ向けのテーマで、ページ遷移なしに作品をその場で拡大して見ることが可能です。 シンプルな構成で展示物に集中できるため、写真やイラストなどのギャラリーサイトに適しています。 Lightbold   Pop Up Shop 料金:$69.95 アパレル系ショッピングサイト向けのテンプレートとなっています。 同商品で各色ごとにプレビューをその場で変えたり、ユーザーレビューと関連の品物を表示したりすることができます。 Pop Up Shop   Iconic One Pro 料金:$49/無料試用版あり Webマガジン・個人ブログなどに利用できるテーマです。 必要最低限の機能が揃いつつ、シンプルで見やすい構成になっています。一部機能の制限された無償版が存在します。 Iconic One Pro   以上、WordPressの有料のテーマを紹介しました。 無料のテーマを利用するよりもカスタマイズ性に富んでいて、初心者でも本格的なWebサイトを作ることができます。今後ずっと運営していくことを考えればとても安い買い物だと思いますので、ぜひ利用してみてください。 無料で使えるWordPressのテーマも紹介しているので、こちらも参考にしてみてください。   TechAcademyでは、WordPressを使ってカスタマイズしたオリジナルサイトを構築できるWordPressオンラインブートキャンプを開催しています。期間中は現役エンジニアのメンターが毎日学習をサポートするので、独学よりも効率的に学ぶことができます
WordPressのプラグインにはコードなどを編集せずに直感的操作でフォントデザインを変えることのできるものが存在します。 公式や個人で配布されている各種テーマをインストール・有効化した後で、フォントの大きさや種類などを更に細かく設定したい時などにも役立ちます。 ここでは、「テーマの編集」メニューなどを使わずにWordPressのフォントやサイトデザインを調整することのできるプラグインを紹介していきます。   なお本記事は、TechAcademyのWordPressオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。   Font WordPressの管理画面ではなく、サイトを表示させたままの状態で上の管理バーからフォントの変更をすることができるプラグインです。 手描き風の文字など独特なデザインのフォントを使用することができます。 デフォルトで使用できるフォントは英語対応のものばかりですが、TTFやOTF形式のファイルを自分でアップロードして利用することもできるので日本語サイトでも活用することができます。 Font   Visual Theme Customizer Font同様、サイトを表示させながらフォントの調整ができるプラグインです。 フォントの種類・太さ・色・イタリック表記や打ち消し線などの一通りの設定もここで変えることが可能です。 Undo・Redoなどの編集時に便利な機能もショートカットやメニューアイコンで操作できるのでじっくりデザインにこだわりたい人にもおすすめです。 スマホやタブレットでサイトを表示させた場合のプレビューが見れるのも特徴です。 アニメーションなどの追加機能がついた有料版もあります。 Visual Theme Customizer   [PR] WordPressで挫折しない学習方法を動画で公開中Easy Google Fonts このプラグインをインストールすると、WordPressの管理バー「カスタマイズ」からフォントの編集ができるようになります。 見出し1~6それぞれを別々のフォント設定にすることも可能なので、各テーマデフォルトの見出し表示を好きなものに変えたいときにも便利です。 フォントの大きさや種類の他にline-heightなども操作することができるのでサイトデザインの調整に役立ちます。 Easy Google Fonts   以上、フォントをカスタマイズできるプラグインを紹介しました。 フォントの種類を知っている人はなかなかいないですし、一つずつ確認しながら好きなフォントに変更したいところ。サイトなどで調べながら行うとどうしても時間がかかってしまうので、プラグインを活用しましょう。 ぜひ、WordPressの使い方を覚えましょう! [お知らせ]TechAcademyでは、WordPressを使ってカスタマイズしたオリジナルサイトを構築できるWordPressオンラインブートキャンプを開催しています。期間中の8週間は現役エンジニアのメンターが毎日学習をサポートするので、独学よりも効率的に学ぶことができます。
×