WordPressのプラグインにはコードなどを編集せずに直感的操作でフォントデザインを変えることのできるものが存在します。 公式や個人で配布されている各種テーマをインストール・有効化した後で、フォントの大きさや種類などを更に細かく設定したい時などにも役立ちます。 ここでは、「テーマの編集」メニューなどを使わずにWordPressのフォントやサイトデザインを調整することのできるプラグインを紹介していきます。   なお本記事は、TechAcademyのWordPressオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。   Font WordPressの管理画面ではなく、サイトを表示させたままの状態で上の管理バーからフォントの変更をすることができるプラグインです。 手描き風の文字など独特なデザインのフォントを使用することができます。 デフォルトで使用できるフォントは英語対応のものばかりですが、TTFやOTF形式のファイルを自分でアップロードして利用することもできるので日本語サイトでも活用することができます。 Font   Visual Theme Customizer Font同様、サイトを表示させながらフォントの調整ができるプラグインです。 フォントの種類・太さ・色・イタリック表記や打ち消し線などの一通りの設定もここで変えることが可能です。 Undo・Redoなどの編集時に便利な機能もショートカットやメニューアイコンで操作できるのでじっくりデザインにこだわりたい人にもおすすめです。 スマホやタブレットでサイトを表示させた場合のプレビューが見れるのも特徴です。 アニメーションなどの追加機能がついた有料版もあります。 Visual Theme Customizer   [PR] WordPressで挫折しない学習方法を動画で公開中Easy Google Fonts このプラグインをインストールすると、WordPressの管理バー「カスタマイズ」からフォントの編集ができるようになります。 見出し1~6それぞれを別々のフォント設定にすることも可能なので、各テーマデフォルトの見出し表示を好きなものに変えたいときにも便利です。 フォントの大きさや種類の他にline-heightなども操作することができるのでサイトデザインの調整に役立ちます。 Easy Google Fonts   以上、フォントをカスタマイズできるプラグインを紹介しました。 フォントの種類を知っている人はなかなかいないですし、一つずつ確認しながら好きなフォントに変更したいところ。サイトなどで調べながら行うとどうしても時間がかかってしまうので、プラグインを活用しましょう。 ぜひ、WordPressの使い方を覚えましょう! [お知らせ]TechAcademyでは、WordPressを使ってカスタマイズしたオリジナルサイトを構築できるWordPressオンラインブートキャンプを開催しています。期間中の8週間は現役エンジニアのメンターが毎日学習をサポートするので、独学よりも効率的に学ぶことができます。
WordPress初心者向けに、テーマ(テンプレート)のインストール方法を紹介する記事です。 基本中の基本の操作ですので、しっかりと覚えておきましょう。   WordPressでは、テーマを利用することによってサイトのレイアウトを簡単に大きく変更することができます。 テーマの変更はダッシュボードからアクセスして変更する方法と、配布サイトから入手したり自分で作成したテーマをFTPでサーバーにアップロードして適用する方法があります。 今回はそれぞれ分けて紹介します。   なお本記事は、TechAcademyのWordPressオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。   大石ゆかり 田島メンター!!WordPressのテーマをインストールしたいんですけど、どうやったらいいんですか〜? 田島悠介 2種類やり方があるんだ。一つは「ダッシュボードからインストールする方法」でもう一つは「FTPでアップロードする方法」なんだ。テーマによってはダッシュボードからインストール出来ない場合もあるから、どちらも使えたほうが良いね! 大石ゆかり じゃあ両方、教えてください!   ダッシュボードからのインストール まずは、WordPressにログインした状態でインストールする方法を紹介します。 ダッシュボードから簡単にインストールが可能です。 左のメニューから「外観」→「テーマ」を選択します。   現在インストールされているテーマの一覧が表示されるので、「新規追加」をクリックします。   ここから公式テーマの最新・おすすめを見たり、どのようなテーマが欲しいのか項目を設定して検索することができます。 今回は「おすすめ」をクリックしてみます。   一覧が表示されるので、利用したいテーマの画像をクリックします。   プレビューが表示されます。 左のメニューから「インストール」をクリックするとテーマがダウンロードされます。   インストール完了のメッセージが表示された後、「有効化」をクリックするとテーマが反映されます。   これでダッシュボードからのテーマ変更は完了です。     ファイルをアップロードしてインストール 次に、WordPress公式の配布サイト、あるいは個人配布サイトからWordPressテーマファイルをダウンロードし、FTPクライアントを利用してサーバーにアップロードする方法を紹介します。 今回はShotokuというテーマを利用します。   配布サイトからファイルをダウンロードし、解凍して保存します。   FTPクライアントを起動し、wp > wp-content > themesフォルダまで移動します。   Shotokuフォルダを右クリックしてアップロードします。FTPクライアントでの操作はここまでです。   WordPressにログインしてから、「外観」にある「テーマ」をクリックすると、新しくShotokuテーマが追加されているのがわかります。   追加されたテーマにカーソルを合わせて「有効化」をクリックします。   これで新しいテーマが反映されました。   無事にインストールできましたか? 初心者におすすめのWordPressのテーマを紹介する記事もあるので、参考にして使ってみてください!   大石ゆかり こんなに気軽にサイトのデザインが変更できていいですね♪ 田島悠介 そうだね。テーマを変えるだけでなくて、更にカスタマイズなんかもできるから、徐々にできるようになると良いね! 大石ゆかり はい、頑張ります♪   [お知らせ]TechAcademyでは、WordPressを使ってカスタマイズしたオリジナルサイトを構築できるWordPressオンラインブートキャンプを開催しています。期間中は現役エンジニアのメンターが毎日学習をサポートするので、独学よりも効率的に学ぶことができます。

最近はフリーランスとして働く人が増えてきています。 とはいえ、フリーで働くためには自分の実績を示すようなポートフォリオが必要になってきますよね。 今回はそんなポートフォリオサイトを作成するのに便利なテーマを紹介していきます。   なお本記事は、TechAcademyのWordPressオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。 また、テーマのインストール方法がわからない方は、WordPressのテーマインストール方法を解説した記事をご覧ください。   1. Portfolio ダウンロード/ DEMO 自分の撮った写真や執筆した記事など、一つのポートフォリオとして作成するには十分すぎるテーマです。 PCで見ても、スマホで見てもおしゃれに見えるのが特徴的ですね。   2. Electric ダウンロード / DEMO 載せたい作品がたくさんある人にはおすすめのポートフォリオテーマでしょう。 色々なカテゴリに分けてソートすることができ、読み込みも必要ないので、多くの作品を見せることが可能です。   [PR] WordPressで挫折しない学習方法を動画で公開中3. ePix ダウンロード / DEMO このテーマの凄いところは、レイアウトの種類が多く用意されているところです。 自分の載せたい情報に合わせて、スライドショーにしたり、画像をグリッドで表示したりとあらゆるレイアウトに対応できるのです。 このポートフォリオに慣れてしまえば今後ずっと使えるでしょう。   4. RokoPhoto ダウンロード / DEMO 自分で撮った写真をスクリーンいっぱいにスライドショーで映すことができます。 広角レンズを使った写真などもとてもキレイに見えるでしょう。写真家のポートフォリオとして良い見栄えにできそうですね。   5. Alona ダウンロード / DEMO 左側のサイドバーに自分に関する情報を載せられるので、いちいちスクロールせずに見ることができます。 PCで見せたい人などは、長い時間見てもらえそうなテーマとなっています。   6. Ananke ダウンロード / DEMO ページを読み込むと最初に自分のSNSを表示できるので、自分のSNSに飛んできてほしい人には相性が良いテーマとなりそうです。 GithubアカウントのContributionsなどが充実している人は、良いアピールにできそう。ぜひ個人のブランディングとして役立ててみてください。   7. onetone ダウンロード / DEMO 背景に動画を差し込めるようになっているので、自分で撮った動画などを入れると一気にカッコよく見えます! ダンサーなど自分のパフォーマンスをスクリーンいっぱいに見せている人もいるので、印象には残るでしょう。   8. Onesie ダウンロード / DEMO 非常にシンプルな作りですが、視差効果があることでおしゃれに見えるでしょう。 特に難しい設定とかもないので、初心者でも手軽に作成できるのが特徴です。   9. Espied ダウンロード / DEMO フラットデザインな素材が敷き詰められています。アイコンやロゴの作成実績をポートフォリオとして見せるのに向いています。 加えて、自分で作っているスマホのUIデザインなどを紹介するには良さそうです。   10. Oshine ダウンロード / DEMO このテーマは非常に幅広く利用できるテーマです。 実際には、ブログを載せたり、ネットショップとしても利用できるので単純にポートフォリオだけでなく、自分の作品を販売することも可能です。 機能が豊富なので、使い慣れるまで大変かもしれませんが、これ一つで満足できるのは間違いないでしょう。     ポートフォリオサイトの良いところは、自分が応募した時に活躍するのはもちろん、サイトとして存在していれば「この人に仕事をお願いしたい!」と思う人が増えるところです。 ぜひ、自分だけのポートフォリオサイトを作って、注目を浴びましょう! もっといろんなテーマを見てみたいという方は、無料で使えるWordPressのテーマ30選も合わせてご覧ください。 ぜひ、WordPressの使い方を覚えましょう! [お知らせ]TechAcademyでは、WordPressを使ってカスタマイズしたオリジナルサイトを構築できるWordPressオンラインブートキャンプを開催しています。期間中の8週間は現役エンジニアのメンターが毎日学習をサポートするので、独学よりも効率的に学ぶことができます。ぜひオシャレなポートフォリオサイトを作成しましょう!

WordPressのプラグインにはコードなどを編集せずに直感的操作でフォントデザインを変えることのできるものが存在します。 公式や個人で配布されている各種テーマをインストール・有効化した後で、フォントの大きさや種類などを更に細かく設定したい時などにも役立ちます。 ここでは、「テーマの編集」メニューなどを使わずにWordPressのフォントやサイトデザインを調整することのできるプラグインを紹介していきます。   なお本記事は、TechAcademyのWordPressオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。   Font WordPressの管理画面ではなく、サイトを表示させたままの状態で上の管理バーからフォントの変更をすることができるプラグインです。 手描き風の文字など独特なデザインのフォントを使用することができます。 デフォルトで使用できるフォントは英語対応のものばかりですが、TTFやOTF形式のファイルを自分でアップロードして利用することもできるので日本語サイトでも活用することができます。 Font   Visual Theme Customizer Font同様、サイトを表示させながらフォントの調整ができるプラグインです。 フォントの種類・太さ・色・イタリック表記や打ち消し線などの一通りの設定もここで変えることが可能です。 Undo・Redoなどの編集時に便利な機能もショートカットやメニューアイコンで操作できるのでじっくりデザインにこだわりたい人にもおすすめです。 スマホやタブレットでサイトを表示させた場合のプレビューが見れるのも特徴です。 アニメーションなどの追加機能がついた有料版もあります。 Visual Theme Customizer   [PR] WordPressで挫折しない学習方法を動画で公開中Easy Google Fonts このプラグインをインストールすると、WordPressの管理バー「カスタマイズ」からフォントの編集ができるようになります。 見出し1~6それぞれを別々のフォント設定にすることも可能なので、各テーマデフォルトの見出し表示を好きなものに変えたいときにも便利です。 フォントの大きさや種類の他にline-heightなども操作することができるのでサイトデザインの調整に役立ちます。 Easy Google Fonts   以上、フォントをカスタマイズできるプラグインを紹介しました。 フォントの種類を知っている人はなかなかいないですし、一つずつ確認しながら好きなフォントに変更したいところ。サイトなどで調べながら行うとどうしても時間がかかってしまうので、プラグインを活用しましょう。 ぜひ、WordPressの使い方を覚えましょう! [お知らせ]TechAcademyでは、WordPressを使ってカスタマイズしたオリジナルサイトを構築できるWordPressオンラインブートキャンプを開催しています。期間中の8週間は現役エンジニアのメンターが毎日学習をサポートするので、独学よりも効率的に学ぶことができます。
WordPressのテーマの中には、公式サイトや個人サイトでフリーでダウンロードできるもの以外に、企業や個人が有償で提供しているものもあります。 フリーテーマとの違いは、プラグインが必要な機能が最初からついていたり、操作が簡単であるなどの便利さの他に、配布元のサポートが付いていることなどがあります。 無償版があるものは先にそちらを試してから導入するのも有効でしょう。 ここでは有料のWordPressテーマから国産のものを4つ、海外のものを6つ紹介していきます。 ・全てレスポンシブ対応のテーマとなります。 ・複数サイト運用で料金が異なる場合は、1ライセンス分の料金を表示しています。   日本製 アルバトロス 料金:¥7,980 ニュースサイト・Webマガジン・個人サイト向けの国産WordPressテーマです。 公式サイトで具体的な使い方が紹介されているため、分からないことがあったときはいつでも参照することができます。 SNSボタンも最初から設置されており、固定ページを1カラムに設定するなどの細かいカスタマイズも可能です。 アルバトロス LIGHT 料金:¥3,600/無料試用版あり LIQUID DESIGN社による国産WordPressテーマです。 カスタマイザーによりHTMLやCSSの知識がなくても簡単にサイトのデザインをカスタマイズできるようになっています。 SNSでの共有ボタンやRSSボタンなど、本来プラグインなどで導入する必要のある機能も最初から使用することができるため、WordPress初心者の方でも安心して利用することができます。 LIGHT   [PR] WordPressで挫折しない学習方法を動画で公開中Black Studio 料金:¥9,999 企業・コーポレートサイトにそのまま使えるデザインの日本製WordPressテーマです。 主にウィジェットエリアを利用してサイトをカスタマイズするため、手軽にデザインの変更を行うことが出来ます。 ブログ部分は2カラム、個別ページは1カラムにするなどの詳細な設定も可能になっています。 Black Studio   mono-ha 料金:¥7,800 ファーストビュー(サイトが表示されて最初に見える部分)の印象に重点をおいたテーマです。 アニメーションやスタイリッシュな演出を複数のテンプレートの中から選んで簡単にサイトに搭載することが可能です。 様々な役割を持ったカスタムウィジェットが多数存在するため、機能やデザインによりこだわることができます。 mono-ha   海外製 ONEPRESS PLUS 料金:$59/無料試用版あり 多機能かつ軽快な動作な1カラムデザインのテーマです。 企業サイト・ショッピングサイトやポートフォリオまで幅広く使えます。カスタマイズ機能が一部制限された無償版も存在します。 ONEPRESS PLUS   Ultimate Pro 料金:$55/無料試用版あり wordpress.orgでダウンロードできるフリーテーマUltimateの有償版です。 豊富なテンプレートやカラーピッカーによる簡単なテーマのカスタマイズ、各ページごとのカラム設定など特に細かい部分まで自由に編集したい場合に便利な構成になっています。 Ultimate Pro   Football Club 料金:$59 スポーツチームの公式サイトなどにそのまま利用できるテーマです。 選手の情報や試合の日程、戦績などを見せることができます。 Football Club   Lightbold 料金:$39 ポートフォリオ向けのテーマで、ページ遷移なしに作品をその場で拡大して見ることが可能です。 シンプルな構成で展示物に集中できるため、写真やイラストなどのギャラリーサイトに適しています。 Lightbold   Pop Up Shop 料金:$69.95 アパレル系ショッピングサイト向けのテンプレートとなっています。 同商品で各色ごとにプレビューをその場で変えたり、ユーザーレビューと関連の品物を表示したりすることができます。 Pop Up Shop   Iconic One Pro 料金:$49/無料試用版あり Webマガジン・個人ブログなどに利用できるテーマです。 必要最低限の機能が揃いつつ、シンプルで見やすい構成になっています。一部機能の制限された無償版が存在します。 Iconic One Pro   以上、WordPressの有料のテーマを紹介しました。 無料のテーマを利用するよりもカスタマイズ性に富んでいて、初心者でも本格的なWebサイトを作ることができます。今後ずっと運営していくことを考えればとても安い買い物だと思いますので、ぜひ利用してみてください。 無料で使えるWordPressのテーマも紹介しているので、こちらも参考にしてみてください。   TechAcademyでは、WordPressを使ってカスタマイズしたオリジナルサイトを構築できるWordPressオンラインブートキャンプを開催しています。期間中は現役エンジニアのメンターが毎日学習をサポートするので、独学よりも効率的に学ぶことができます
WordPressのテーマの中には、公式サイトや個人サイトでフリーでダウンロードできるもの以外に、企業や個人が有償で提供しているものもあります。 フリーテーマとの違いは、プラグインが必要な機能が最初からついていたり、操作が簡単であるなどの便利さの他に、配布元のサポートが付いていることなどがあります。 無償版があるものは先にそちらを試してから導入するのも有効でしょう。 ここでは有料のWordPressテーマから国産のものを4つ、海外のものを6つ紹介していきます。 ・全てレスポンシブ対応のテーマとなります。 ・複数サイト運用で料金が異なる場合は、1ライセンス分の料金を表示しています。   日本製 アルバトロス 料金:¥7,980 ニュースサイト・Webマガジン・個人サイト向けの国産WordPressテーマです。 公式サイトで具体的な使い方が紹介されているため、分からないことがあったときはいつでも参照することができます。 SNSボタンも最初から設置されており、固定ページを1カラムに設定するなどの細かいカスタマイズも可能です。 アルバトロス LIGHT 料金:¥3,600/無料試用版あり LIQUID DESIGN社による国産WordPressテーマです。 カスタマイザーによりHTMLやCSSの知識がなくても簡単にサイトのデザインをカスタマイズできるようになっています。 SNSでの共有ボタンやRSSボタンなど、本来プラグインなどで導入する必要のある機能も最初から使用することができるため、WordPress初心者の方でも安心して利用することができます。 LIGHT   [PR] WordPressで挫折しない学習方法を動画で公開中Black Studio 料金:¥9,999 企業・コーポレートサイトにそのまま使えるデザインの日本製WordPressテーマです。 主にウィジェットエリアを利用してサイトをカスタマイズするため、手軽にデザインの変更を行うことが出来ます。 ブログ部分は2カラム、個別ページは1カラムにするなどの詳細な設定も可能になっています。 Black Studio   mono-ha 料金:¥7,800 ファーストビュー(サイトが表示されて最初に見える部分)の印象に重点をおいたテーマです。 アニメーションやスタイリッシュな演出を複数のテンプレートの中から選んで簡単にサイトに搭載することが可能です。 様々な役割を持ったカスタムウィジェットが多数存在するため、機能やデザインによりこだわることができます。 mono-ha   海外製 ONEPRESS PLUS 料金:$59/無料試用版あり 多機能かつ軽快な動作な1カラムデザインのテーマです。 企業サイト・ショッピングサイトやポートフォリオまで幅広く使えます。カスタマイズ機能が一部制限された無償版も存在します。 ONEPRESS PLUS   Ultimate Pro 料金:$55/無料試用版あり wordpress.orgでダウンロードできるフリーテーマUltimateの有償版です。 豊富なテンプレートやカラーピッカーによる簡単なテーマのカスタマイズ、各ページごとのカラム設定など特に細かい部分まで自由に編集したい場合に便利な構成になっています。 Ultimate Pro   Football Club 料金:$59 スポーツチームの公式サイトなどにそのまま利用できるテーマです。 選手の情報や試合の日程、戦績などを見せることができます。 Football Club   Lightbold 料金:$39 ポートフォリオ向けのテーマで、ページ遷移なしに作品をその場で拡大して見ることが可能です。 シンプルな構成で展示物に集中できるため、写真やイラストなどのギャラリーサイトに適しています。 Lightbold   Pop Up Shop 料金:$69.95 アパレル系ショッピングサイト向けのテンプレートとなっています。 同商品で各色ごとにプレビューをその場で変えたり、ユーザーレビューと関連の品物を表示したりすることができます。 Pop Up Shop   Iconic One Pro 料金:$49/無料試用版あり Webマガジン・個人ブログなどに利用できるテーマです。 必要最低限の機能が揃いつつ、シンプルで見やすい構成になっています。一部機能の制限された無償版が存在します。 Iconic One Pro   以上、WordPressの有料のテーマを紹介しました。 無料のテーマを利用するよりもカスタマイズ性に富んでいて、初心者でも本格的なWebサイトを作ることができます。今後ずっと運営していくことを考えればとても安い買い物だと思いますので、ぜひ利用してみてください。 無料で使えるWordPressのテーマも紹介しているので、こちらも参考にしてみてください。   TechAcademyでは、WordPressを使ってカスタマイズしたオリジナルサイトを構築できるWordPressオンラインブートキャンプを開催しています。期間中は現役エンジニアのメンターが毎日学習をサポートするので、独学よりも効率的に学ぶことができます
最近はフリーランスとして働く人が増えてきています。 とはいえ、フリーで働くためには自分の実績を示すようなポートフォリオが必要になってきますよね。 今回はそんなポートフォリオサイトを作成するのに便利なテーマを紹介していきます。   なお本記事は、TechAcademyのWordPressオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。 また、テーマのインストール方法がわからない方は、WordPressのテーマインストール方法を解説した記事をご覧ください。   1. Portfolio ダウンロード/ DEMO 自分の撮った写真や執筆した記事など、一つのポートフォリオとして作成するには十分すぎるテーマです。 PCで見ても、スマホで見てもおしゃれに見えるのが特徴的ですね。   2. Electric ダウンロード / DEMO 載せたい作品がたくさんある人にはおすすめのポートフォリオテーマでしょう。 色々なカテゴリに分けてソートすることができ、読み込みも必要ないので、多くの作品を見せることが可能です。   [PR] WordPressで挫折しない学習方法を動画で公開中3. ePix ダウンロード / DEMO このテーマの凄いところは、レイアウトの種類が多く用意されているところです。 自分の載せたい情報に合わせて、スライドショーにしたり、画像をグリッドで表示したりとあらゆるレイアウトに対応できるのです。 このポートフォリオに慣れてしまえば今後ずっと使えるでしょう。   4. RokoPhoto ダウンロード / DEMO 自分で撮った写真をスクリーンいっぱいにスライドショーで映すことができます。 広角レンズを使った写真などもとてもキレイに見えるでしょう。写真家のポートフォリオとして良い見栄えにできそうですね。   5. Alona ダウンロード / DEMO 左側のサイドバーに自分に関する情報を載せられるので、いちいちスクロールせずに見ることができます。 PCで見せたい人などは、長い時間見てもらえそうなテーマとなっています。   6. Ananke ダウンロード / DEMO ページを読み込むと最初に自分のSNSを表示できるので、自分のSNSに飛んできてほしい人には相性が良いテーマとなりそうです。 GithubアカウントのContributionsなどが充実している人は、良いアピールにできそう。ぜひ個人のブランディングとして役立ててみてください。   7. onetone ダウンロード / DEMO 背景に動画を差し込めるようになっているので、自分で撮った動画などを入れると一気にカッコよく見えます! ダンサーなど自分のパフォーマンスをスクリーンいっぱいに見せている人もいるので、印象には残るでしょう。   8. Onesie ダウンロード / DEMO 非常にシンプルな作りですが、視差効果があることでおしゃれに見えるでしょう。 特に難しい設定とかもないので、初心者でも手軽に作成できるのが特徴です。   9. Espied ダウンロード / DEMO フラットデザインな素材が敷き詰められています。アイコンやロゴの作成実績をポートフォリオとして見せるのに向いています。 加えて、自分で作っているスマホのUIデザインなどを紹介するには良さそうです。   10. Oshine ダウンロード / DEMO このテーマは非常に幅広く利用できるテーマです。 実際には、ブログを載せたり、ネットショップとしても利用できるので単純にポートフォリオだけでなく、自分の作品を販売することも可能です。 機能が豊富なので、使い慣れるまで大変かもしれませんが、これ一つで満足できるのは間違いないでしょう。     ポートフォリオサイトの良いところは、自分が応募した時に活躍するのはもちろん、サイトとして存在していれば「この人に仕事をお願いしたい!」と思う人が増えるところです。 ぜひ、自分だけのポートフォリオサイトを作って、注目を浴びましょう! もっといろんなテーマを見てみたいという方は、無料で使えるWordPressのテーマ30選も合わせてご覧ください。 ぜひ、WordPressの使い方を覚えましょう! [お知らせ]TechAcademyでは、WordPressを使ってカスタマイズしたオリジナルサイトを構築できるWordPressオンラインブートキャンプを開催しています。期間中の8週間は現役エンジニアのメンターが毎日学習をサポートするので、独学よりも効率的に学ぶことができます。ぜひオシャレなポートフォリオサイトを作成しましょう!
English: Make Money Online, Français: se faire de l'argent en ligne, Italiano: Guadagnare Online, Español: ganar dinero en Internet, Português: Ganhar Dinheiro Online, Deutsch: Online Geld verdienen, Русский: заработать в интернете, 中文: 在网上赚钱, Bahasa Indonesia: Menghasilkan Uang Secara Online, Čeština: Jak vydělávat peníze online, Nederlands: Online geld verdienen, العربية: كسب المال بواسطة العمل عبر الإنترنت, Tiếng Việt: Kiếm tiền Trực tuyến, हिन्दी: ऑनलाइन पैसे कमाएँ, 한국어: 온라인으로 돈 버는 법, ไทย: หาเงินออนไลน์, Türkçe: İnternet'ten Nasıl Para Kazanılır
WordPressのプラグインの使い方を初心者向けに紹介する記事です。 今回は、PCとスマートフォンなどデバイスによってサイトの見た目を整えるプラグイン、Multi Device Switcherの使い方について説明していきます。 なお本記事は、TechAcademyのWordPressオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。   大石ゆかり 田島メンター!!WordPressのデザインをパソコンとスマホで切り替えたいんですけど・・・どうしたらいいですか? 田島悠介 そういうことなら「Multi Device Switcher」の出番だね。 大石ゆかり 教えてください!!!   Multi Device Switcherとは WordPressではサイトをPCで表示させた時と、スマートフォンやタブレットなどで表示させた時のデザインをプラグインを使用して別々に設定することができます。 ここではデバイスごとのテーマを切り替える「Multi Device Switcher」について説明していきます。   各デバイスで適用されるテーマを設定する このプラグインは、管理画面から「プラグインを検索」してインストールもできますし、プラグイン公式サイトからダウンロードすることも可能です。 インストールがわからない場合はWordPressのプラグインをインストールする方法をご覧ください。   有効化し、次に「外観」→「マルチデバイス」を選択します。 マルチデバイスの設定画面が表示されます。(最初から日本語化されています) 「テーマ」タブからスマートフォン用テーマ・タブレット端末用テーマなどの各デバイスで使用したいWordPressのテーマを設定します。 ※それぞれに設定できるテーマは現在そのWordPressにインストールされているものになります。 現在このWordPressでは「HarmonUX Core」というテーマが有効化されています。 PCで表示されたときはこのようになっています。 同じサイトをスマートフォンで見た時の状態です。 先ほど設定した「Twenty Sixteen」のテーマが適用されサイトが表示されました。   [PR] WordPressで挫折しない学習方法を動画で公開中スマートフォン版サイトに「PC版に切り替え」のスイッチを設置する スマホ用などに設定されたテーマでWordPressが表示されている時、PC版のテーマに切り替えを行うスイッチをページのフッターに追加します。 「外観」→「マルチデバイス」から設定画面を開き、「PC Switcher」タブをクリックします。 「PC Switcher をフッターに追加する」にチェックを入れます。 スマートフォン版サイトの一番下にスイッチャーが追加されました。 スイッチャー内の「PC」をタップすると元々設定されている「HarmonUX Core」でサイトが表示されます。 各デバイスに適用させるテーマはマルチデバイスの設定画面からいつでも追加・変更が可能です。   以上で解説は終わりです。 スマートフォンやタブレットにも対応したサイトにしていきましょう。 ぜひ、WordPressの使い方を覚えましょう!   大石ゆかり 単純にデザインを整えるだけでなく、テーマを切り替えたりもできるんですね♪ 田島悠介 そうだね。 大石ゆかり 頑張って見やすいサイトを作ってみます!   [お知らせ]TechAcademyでは、WordPressを使ってカスタマイズしたオリジナルサイトを構築できるWordPressオンラインブートキャンプを開催しています。期間中の8週間は現役エンジニアのメンターが毎日学習をサポートするので、独学よりも効率的に学ぶことができます。
これまでWordPressで使えるECサイト用のテーマなどを紹介してきましたが、今回はコーポレートサイト用のテーマです。 コーポレートサイトをゼロから作るとなると盛り込む情報が多く大変ですが、WordPress用のテーマを使えば誰でも見栄えの良いサイトができるはずです。 コーポレートサイトに限らずですが、「もっと見ていたい」「また来たい」と思ってもらうためには見た目のデザインが非常に重要です。 そこで今回は、凝っているデザインでかつ無料で使えるテーマを紹介していこうと思います。   なお本記事は、TechAcademyのWordPressオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。 また、テーマのインストール方法がわからない方は、WordPressのテーマインストール方法を解説した記事をご覧ください。   1. Divi ダウンロード / DEMO 最近はよく見るようになったかもしれませんが、パララックスな動きをするテーマです。 横から何か出るようにしたり、数字を自動で増やしたりと難しいことをする必要なくおしゃれなサイトにできます。自社サービスのユーザー数をコーポレートサイト上に出すなどするとより興味を持ってもらえるはずです。   2. Azoom ダウンロード / DEMO サイト上で紙飛行機が飛んでいたり、風船が浮いていたりとユニークな動きをするテーマです。 コーポレートサイトと聞くと堅苦しいイメージがありますが、ポップな雰囲気を伝えるにはおすすめです。   [PR] WordPressで挫折しない学習方法を動画で公開中3. Corpus ダウンロード / DEMO 最初に目に入る写真と文字の動きが非常に印象的です。 スクロール時に表示されるヘッダーを見ていると、何度でもスクロールしたくなります。   4. Sydney ダウンロード / DEMO 今風なコーポレートサイトを作りたいのであれば、十分なデザイン性でしょう。 かなり多くの情報も表示させることができそうです。   5. EDIN ダウンロード / DEMO このテーマは他と比べ非常にシンプルです。 動きを出したりカスタマイズ性は劣りますが、すぐ形にしたい人にはおすすめです。シンプルなコーポレートサイトで全然平気という人は、このテーマを使うと良いでしょう。 初めてWordPressを触る人は慣れる上でも使ってみると良いかもしれません。   6. West ダウンロード / DEMO hoverで動きを出したり、シンプルな見た目のわりにカスタマイズ性には富んでいます。   7. Sanabel ダウンロード / DEMO 事業内容や会社のブログをトップページにグリッドで表示するテーマです。アパレルなどのコーポレートサイトとしては良い見栄えになりそうです。   8. Salient ダウンロード / DEMO デモをご覧になれば分かりますが、色鮮やかです。 あまり目立たない部分かもしれませんが、マウスオーバーした時の動きがとても印象的ですね。   9. Zerif Lite ダウンロード / DEMO よく海外のコーポレートサイトで見るような見栄えのテーマです。 トップページに多く情報を載せられるので、コーポレートサイトを作る上で相性が良いでしょう。   10. Amax ダウンロード / DEMO スクリーンいっぱいの画像、パララックスな動き、動画とあらゆるものが詰め込まれた豪華なテーマとなっています。 他にもポートフォリオやマーケティングなどカテゴリ別にテーマを選べたりするので、幅広く利用可能ですね。     いかがだったでしょうか。 今回紹介したテーマを見ればわかりますが、本当に手の込んだテーマが多くあります。 今やコーポレートサイトとはいえ、おしゃれなサイトが非常に増えてきています。より良い印象を持ってもらうためにもデザインが綺麗なテーマを使ってみてください。 もっといろんなテーマを見てみたいという方は、無料で使えるWordPressのテーマ30選も合わせてご覧ください。 ぜひ、WordPressの使い方を覚えましょう! [お知らせ]TechAcademyでは、WordPressを使ってカスタマイズしたオリジナルサイトを構築できるWordPressオンラインブートキャンプを開催しています。期間中の8週間は現役エンジニアのメンターが毎日学習をサポートするので、独学よりも効率的に学ぶことができます。
×