これまでWordPressで使えるECサイト用のテーマなどを紹介してきましたが、今回はコーポレートサイト用のテーマです。 コーポレートサイトをゼロから作るとなると盛り込む情報が多く大変ですが、WordPress用のテーマを使えば誰でも見栄えの良いサイトができるはずです。 コーポレートサイトに限らずですが、「もっと見ていたい」「また来たい」と思ってもらうためには見た目のデザインが非常に重要です。 そこで今回は、凝っているデザインでかつ無料で使えるテーマを紹介していこうと思います。   なお本記事は、TechAcademyのWordPressオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。 また、テーマのインストール方法がわからない方は、WordPressのテーマインストール方法を解説した記事をご覧ください。   1. Divi ダウンロード / DEMO 最近はよく見るようになったかもしれませんが、パララックスな動きをするテーマです。 横から何か出るようにしたり、数字を自動で増やしたりと難しいことをする必要なくおしゃれなサイトにできます。自社サービスのユーザー数をコーポレートサイト上に出すなどするとより興味を持ってもらえるはずです。   2. Azoom ダウンロード / DEMO サイト上で紙飛行機が飛んでいたり、風船が浮いていたりとユニークな動きをするテーマです。 コーポレートサイトと聞くと堅苦しいイメージがありますが、ポップな雰囲気を伝えるにはおすすめです。   [PR] WordPressで挫折しない学習方法を動画で公開中3. Corpus ダウンロード / DEMO 最初に目に入る写真と文字の動きが非常に印象的です。 スクロール時に表示されるヘッダーを見ていると、何度でもスクロールしたくなります。   4. Sydney ダウンロード / DEMO 今風なコーポレートサイトを作りたいのであれば、十分なデザイン性でしょう。 かなり多くの情報も表示させることができそうです。   5. EDIN ダウンロード / DEMO このテーマは他と比べ非常にシンプルです。 動きを出したりカスタマイズ性は劣りますが、すぐ形にしたい人にはおすすめです。シンプルなコーポレートサイトで全然平気という人は、このテーマを使うと良いでしょう。 初めてWordPressを触る人は慣れる上でも使ってみると良いかもしれません。   6. West ダウンロード / DEMO hoverで動きを出したり、シンプルな見た目のわりにカスタマイズ性には富んでいます。   7. Sanabel ダウンロード / DEMO 事業内容や会社のブログをトップページにグリッドで表示するテーマです。アパレルなどのコーポレートサイトとしては良い見栄えになりそうです。   8. Salient ダウンロード / DEMO デモをご覧になれば分かりますが、色鮮やかです。 あまり目立たない部分かもしれませんが、マウスオーバーした時の動きがとても印象的ですね。   9. Zerif Lite ダウンロード / DEMO よく海外のコーポレートサイトで見るような見栄えのテーマです。 トップページに多く情報を載せられるので、コーポレートサイトを作る上で相性が良いでしょう。   10. Amax ダウンロード / DEMO スクリーンいっぱいの画像、パララックスな動き、動画とあらゆるものが詰め込まれた豪華なテーマとなっています。 他にもポートフォリオやマーケティングなどカテゴリ別にテーマを選べたりするので、幅広く利用可能ですね。     いかがだったでしょうか。 今回紹介したテーマを見ればわかりますが、本当に手の込んだテーマが多くあります。 今やコーポレートサイトとはいえ、おしゃれなサイトが非常に増えてきています。より良い印象を持ってもらうためにもデザインが綺麗なテーマを使ってみてください。 もっといろんなテーマを見てみたいという方は、無料で使えるWordPressのテーマ30選も合わせてご覧ください。 ぜひ、WordPressの使い方を覚えましょう! [お知らせ]TechAcademyでは、WordPressを使ってカスタマイズしたオリジナルサイトを構築できるWordPressオンラインブートキャンプを開催しています。期間中の8週間は現役エンジニアのメンターが毎日学習をサポートするので、独学よりも効率的に学ぶことができます。
WordPressのプラグインにはコードなどを編集せずに直感的操作でフォントデザインを変えることのできるものが存在します。 公式や個人で配布されている各種テーマをインストール・有効化した後で、フォントの大きさや種類などを更に細かく設定したい時などにも役立ちます。 ここでは、「テーマの編集」メニューなどを使わずにWordPressのフォントやサイトデザインを調整することのできるプラグインを紹介していきます。   なお本記事は、TechAcademyのWordPressオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。   Font WordPressの管理画面ではなく、サイトを表示させたままの状態で上の管理バーからフォントの変更をすることができるプラグインです。 手描き風の文字など独特なデザインのフォントを使用することができます。 デフォルトで使用できるフォントは英語対応のものばかりですが、TTFやOTF形式のファイルを自分でアップロードして利用することもできるので日本語サイトでも活用することができます。 Font   Visual Theme Customizer Font同様、サイトを表示させながらフォントの調整ができるプラグインです。 フォントの種類・太さ・色・イタリック表記や打ち消し線などの一通りの設定もここで変えることが可能です。 Undo・Redoなどの編集時に便利な機能もショートカットやメニューアイコンで操作できるのでじっくりデザインにこだわりたい人にもおすすめです。 スマホやタブレットでサイトを表示させた場合のプレビューが見れるのも特徴です。 アニメーションなどの追加機能がついた有料版もあります。 Visual Theme Customizer   [PR] WordPressで挫折しない学習方法を動画で公開中Easy Google Fonts このプラグインをインストールすると、WordPressの管理バー「カスタマイズ」からフォントの編集ができるようになります。 見出し1~6それぞれを別々のフォント設定にすることも可能なので、各テーマデフォルトの見出し表示を好きなものに変えたいときにも便利です。 フォントの大きさや種類の他にline-heightなども操作することができるのでサイトデザインの調整に役立ちます。 Easy Google Fonts   以上、フォントをカスタマイズできるプラグインを紹介しました。 フォントの種類を知っている人はなかなかいないですし、一つずつ確認しながら好きなフォントに変更したいところ。サイトなどで調べながら行うとどうしても時間がかかってしまうので、プラグインを活用しましょう。 ぜひ、WordPressの使い方を覚えましょう! [お知らせ]TechAcademyでは、WordPressを使ってカスタマイズしたオリジナルサイトを構築できるWordPressオンラインブートキャンプを開催しています。期間中の8週間は現役エンジニアのメンターが毎日学習をサポートするので、独学よりも効率的に学ぶことができます。
×